梅田スクリーン印刷 制作ブログ

Tag: エンボス加工

■ 操作シート

投稿者: 公開日:2017年9月1日カテゴリー:お勧め商品, お知らせ, 製作事例

操作シート(キーシート)は、通常シルクスクリーン印刷で作成いたします。
仕上がりの美しさ、耐久面から、他の選択肢を大きく引き離しているものの…初期費用の版代が避けられませんので、少量ロットや試作案件には予算面で大きな負担となっているのも事実です。
そこで、弊社がお薦めするのがUVインクジェットを使ったシートの作成。
製版不要で途中のデータ変更も可能なことから、シルクでは惜しくもカバーしきれない簡易な動かしの中で、試作品や本製品がまかなえます。
さらにフルカラーや繊細なグラデーション等表現の幅の広さも、UVインクジェットの強みであるといえましょう。

・急いでいる
・少量で良い(1枚から可能 )
・複数のバリエーションを試したい
・低コスト希望だが色にはこだわりたい

全方位ロスの無い的確な判断のもと、お客様に最も最適なご提案が出来ると思いますので、どうぞ気軽にご相談ください。
求められる内容によって、シルクスクリーン印刷との併用も可です。
(糊引き、シボ加工、窓部の拡散・スモーク・ラミネート・両面テープ加工)
さらにカッティングプロッターを使ったフリーカットも出来ますので、ビク型(型抜き)代も抑えることが出来ます。※特に試作案件にお薦め
シートへのエンボス加工も得意(←金型によらない簡易なエンボス加工技術を持っている)としていますので、全て合わせてのお引き受けが可能です。


▲参考例
 (蓄光や点字など、特殊な印刷を加えたシートも作成可能)

___________________________________________________________________

●ご相談・お問い合わせは先

■連絡先
TEL 048-773-2491
FAX048-773-8915
mail  [email protected]
梅田スクリーン印刷(株) 梅田まで
___________________________________________________________________
 

コメントをどうぞ :, , , , , , , , more...

シートのエンボス加工

投稿者: 公開日:2011年9月22日カテゴリー:製作事例

■操作シートの印刷と、エンボス加工について
当社のエンボス加工は金型を使いませんが、広範囲な平滑仕上げが可能です。


▲参考サイズ W290×H185mm シートの素材はペット「UVハードコート品」
 (ポリカーボネート素材より、打点回数の耐久性に優れています)


▲透明窓以外の印刷部分には、表面からシボ印刷をしています。
 (そうする事でシート表面に指紋や汚れが付きにくく、取り扱いが楽になります)

☆☆ちなみにスクリーン印刷の工程☆☆
  ↓
0.シボ印刷(オモテから刷ります)
1.黒(黒文字部分)※ここから全てウラ刷りです
2.濃いグレー(全体)
3.薄いグレー
4.緑
5.オレンジ
6.赤
7.白_全体ベタ(濃度次第で2度印刷する事もあります)
8.銀_全体ベタ(光の透過などを抑えます)
-ウラ面にラミネート加工-(ウラ刷りした印刷面の傷付き防止用)
9.エンボス加工
10.ノリを印刷
-セパレートシートを貼る-
11.ビク抜き
-完成-

◎見えない部分の手間ヒマもかかりますが、これらは全て必要な工程です。


▲ウラ面 9.エンボス加工した直後の一枚窓の部分は透明です。(ゆがみなし)


▲ウラ面 エンボスの「あと」にノリの接着加工が出来るため、ゲタ部分まで
ノリ加工を施すことが出来ます。よって両面テープ等は使っていません。

窓はクリア以外にスモークも選択出来ます。
スモークの色は自在に設定可能。

◇シート印刷+エンボス加工等、1枚から制作可能です◇

■問い合わせ先
 TEL 048-773-2491
 FAX048-773-8915
 mail  [email protected]
 梅田スクリーン印刷(株) 梅田まで

_________________________________________________

コメントをどうぞ :, , , more...